【スポンサーリンク】

【出世する人にはある共通点があった!!】出世する営業マンに共通する5つの特徴をご紹介致します!

 

今回のテーマ:「出世する営業マンに共通する5つの特徴」

 

はじめに

この記事は普段某メーカーの営業マンとして働いている私が実際に感じた内容を基に書いておりますので、普段私と同じように営業マンとして働いている方には是非参考にして頂ける内容だと思います。まずはじめに、簡単に自己紹介をします。私は今期入社8年目(2020年5月現在)の営業マンです。営業の種類はBtoBです。同期の中で最早で昇進(平⇒主任)した経験があります。昨年2019年度の売上実績は所属部署内でNO1でした。少し自慢っぽく聞こえる部分もあるかもしれませんが、これは事実です。私自身、入社以来ずっと最早で昇進することを念頭に置いて仕事に取り組んできましたので、当然の結果だと捉えております。しかし、初めから順調だった訳ではありませんでした。入社して間もない頃は仕事で失敗することが多々あり、上司からも、お客様からも怒られる「出来の悪い新人」でした。ですが、私なりに成長する為には何をしなければいけないかを考えながら仕事を行っていくことで、徐々に実績を残し始めて、次第に周りからの評価も変わっていったのです。気付くと、入社当初の「出来の悪い新人」から「頼れる営業マン」にイメージが変わっていました。また、実績を残す為に実践したことがあります。それは何かと言うと、私の身近にいる「デキる先輩」や「デキる上司」の考え方や行動を真似したことです。実際に出世している先輩や上司は若手にとって良いお手本です。そして、この経験を積むことで、出世する営業マンの共通点を発見することが出来ました。それではこれから、出世する営業マンの共通点とは何なのか、ご紹介させて頂きます。

 

 

「出世する営業マンに共通する5つの特徴」

①:自分の役職以上の仕事をしている

これは、営業マンに限らない話ですが出世をしたいと思ったら出世後をイメージして、出来る範囲内で出世後の仕事を先取りする必要があります。例えば、営業マンの方であれば、個人の売上目標を達成する為に営業活動を頑張るだけでなく、後輩への指導育成に力を入れる、営業所の売上不足分をカバーする等が出世後の先取りの仕事だと言えます。また、出世をする度に視野を広げていく必要があることをご理解下さい。

 

 

②:売上を達成し続けている

営業マンとしての一番のミッションは売上を作ることなので、個人の売上目標を達成することは出世する為の前提条件と言えます。また、仮に売上を達成したとしても、1回達成しただけでは意味がありません。なぜなら、1回くらいであれば誰でも運が良ければ達成出来るからです。したがって、継続的に売上を達成出来るようにしましょう。

 

 

③:お客様と良好な関係を築いている

営業マンが出世する為には、お客様と良好な関係を築く必要があります。なぜかと言うと、営業マンの上司は営業マンを評価する際にお客様からの声を反映させているからです。以上のことを踏まえた上で、営業マンは日々営業活動に取り組む必要があります。

 

 

④:後輩への指導育成に力を入れている

営業マンの方はこれが出来ていない方が多いと思います。なぜかと言うと、営業マンは感覚で仕事を行っている方が多く、意外と説明をするのが苦手な方が多いからです。しかし、出世したいと思っている方は必ず後輩への指導育成に力を入れましょう。後輩を育てることで、所属する営業所の売上が伸び、上司から一目置かれる存在になります。

 

 

⑤:上司からの信頼感を得ている

営業マンが出世をする、しないに関するカギを握っているのは上司です。したがって、上司からの信頼感を得ることは非常に大切です。普段から上司の発言には耳を傾けるようにしましょう。しかし、時には上司と意見が合わないこともあるでしょう。そんな時には上司の意見を一度肯定した上で、自分の意見を言うように心掛けましょう。補足ですが、以前この方法に関する記事を書いておりますので宜しければご覧下さい。
※参考資料リンク先URL

www.life-benefit.com

 

 

最後に

以上より、「出世する営業マンに共通する5つの特徴」をご紹介させて頂きました。現在営業マンとして働いている方には是非参考にして頂ける内容だったのではないでしょうか。最後に、改めて重要なことをお伝えしますが、営業マンが出世する為には、出世後の自分の仕事内容を思い浮かべて、出来る範囲内で先取りすることが大切です。出世後の仕事内容に関しては、皆さんの周りにいる実際に出世している先輩や上司を見て頂ければイメージし易いと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。