【スポンサーリンク】

営業マンの方必見!!お客様からの信頼感を得る為にはプラス1を心掛けよう

 

 

今回の記事は前回の続きになります。前回の記事を一読した上で、今回の記事を読んで頂いた方がスムーズに理解出来ると思いますので、前回の記事のリンク先を下記添付させて頂きます。

前回の記事↓↓↓

 

www.life-benefit.com

 

 

 

前回の記事では、営業マンがお客様に商品を販売したいと思ったら、まず、商品のPRに重点を置くのではなく、自分自身の売り込みに重点を置く必要があると話をさせて頂きました。

 

 

では、実際に自分自身を売り込む為にはどのようなことをすれば良いかということについてご紹介致します。

 

 

お客様に営業マン自身を売り込む為に必要なことは?

 

結論から言うと、「日常の仕事にプラス1」を加えることです。

 

え?日常の仕事にプラス1とはどういうこと?とあまり理解出来ない方もいらっしゃると思いますので、例を挙げてご説明致します。例えば、某メーカーで営業マンとして働いている場合、お客様からA商品のお見積り依頼を頂くことがあります。その際に大多数の営業マンはA商品のお見積りだけしてお客様に回答します。しかし、これだけでは、私から言わせると不十分です。

 

 

常に先読みをすることが、プラス1に繋がる!

お客様から依頼を受けたのはA商品のお見積りなのになぜ不十分かというと、プラス1の仕事が出来ていないからです。私の場合、同ケースの依頼を受けた際に、A商品のお見積りプラスA商品の仕様書(A商品の特徴が載っている資料)を付けます。元々お客様はA商品が気になってお見積りを依頼してきたので、見積りを取って金額が許容内であれば、次は営業マンに、A商品はどのように施工するのか、どんな機能が搭載しているか等詳しい情報を確認する為に仕様書の送付依頼をすることが多いです。

 

したがって、商品のお見積り依頼を頂いた際に、お客様のご要望を先読みして、お見積り書を送付する際に一緒に仕様書を付けることで、お客様はこの営業マンは出来る営業マンだという良いイメージを感じ取ります。

 

上記の通り、先読みをしながらプラス1の仕事を行うことが非常に重要であり、このプラス1を積み重ねることで、お客様からの信頼感に繋がります。そして、お客様から信頼感を得たら、その後は面白いように商談が成功して売上が伸びることでしょう。

 

現在営業マンとして働いている方は是非、普段の仕事プラス1を心掛けてみてはいかがでしょうか。きっと今以上に成績が伸びると思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。