【スポンサーリンク】

【在宅勤務期間中は営業マンとしてレベルアップするチャンス!】在宅勤務期間中に何をすべきかをお伝えします

今回のテーマ:営業マンの方向けに在宅勤務期間中にすべきこと5選をご紹介致します

 

 

はじめに

現在、新型コロナウイルスの影響で在宅勤務をしている営業マンの方も多いのではないでしょうか?実際に私も4月頭から在宅勤務を開始しております。(但し、ローテーションで週に1回程は出社して電話当番や事務処理をしております。)在宅勤務を始めて感じたことは、とにかく自由な時間が増えたということです。在宅勤務を始める前は業務時間の半分以上の時間を外回りに充てておりましたので、外回りをすることが出来ないということは単純に1日あたり半日分以上時間が空くということです。そして、この空いた時間の使い方が非常に重要です。効果的な使い方をすれば営業マンとしてのレベルアップを図ることが出来ます。一方、何もしない、又サボる等の誤った使い方をすると自分が成長しないばかりか、部下や後輩に追い抜かれてしまう恐れもあります。それでは、在宅勤務期間中に何をすべきかをご紹介致します。

 

 

在宅勤務期間中にすべきこと5選

①:売上データの収集&分析をして、狙いのお客様を絞る

新型コロナウイルスが終息した時、すぐに狙いのお客様の所へ訪問して効果的な商談を出来るように準備をしておく必要があります。その為には自分の担当先のお客様ごとに直近3年間~5年間分の売上データを集計&分析して、狙いのお客様を選定する必要があります。またその際のポイントとしては、売上が伸びているor減っている原因の追求と売上を伸ばす為の方策を考えることも重要です。
※上記は営業の種類がBtoB且つルート営業を想定した内容となっております。

 

 

②:商品知識を身に付ける

これは、特に新入社員や若手に当てはまることですが、この在宅勤務期間中に商品知識を出来る限り身に付けましょう。メーカーの方であれば自社の商品、商社の方であれば取扱う商品です。また、単に商品の外観と品番だけを覚えるのではなく、商品の特徴、機能等も覚えるようにしましょう。そうすることで、今後お客様と商談する際、提案の幅を広げることが出来るでしょう。

 

 

③:営業スキルを向上させる

在宅勤務期間中は営業スキルを伸ばせられる絶好の機会です。もちろん自分一人でイメージトレーニングを行うのも良いですが、実際の商談を想定して誰かとロールプレイングを行うのが有効的です。ロールプレイングに関しては、SkypeやLINE等メジャーなアプリ(ビデオ通話機能)を使って簡単に行うことが出来ますので、普段自分の周りにいる同僚と実践してみてはいかがでしょうか?実際に私はこの在宅勤務期間中、2日に1回のペースで先輩や後輩とロールプレイングを実施しております。

 

 

④:仕事で使うパソコン上のフォルダやファイルを整理する

普段仕事中にパソコンを使用されている方は、パソコン上にフォルダを複数作って、フォルダごとに共通する内容のファイルを格納していると思います。しかし、フォルダやファイルを定期的に整理している方は非常に少ないと思います。例えば、あるファイルを探そうとした際にすぐ見つけられなかった経験をされた方も多いのではないでしょうか。自由な時間が多いこの在宅勤務期間中に一度フォルダやファイルの整理をしてみてはいかがでしょうか。また、保存してから1年以上も使用していないファイルは思いきって削除しても良いと思います。

 

 

⑤:スーツや革靴等、仕事道具の手入れをする

営業マンは普段から身だしなみに気を付ける必要があります。なぜかと言うと、身だしなみがだらしない場合、お客様から不信感を抱かれることがあり、このことが原因で商談が成功しないケースがあるからです。したがって、普段から身だしなみに気を付けていない方や仕事道具の手入れをサボりがちな方は是非この在宅勤務期間中にスーツやシャツのアイロンがけ、革靴磨き等の手入れを行ってみましょう。

 

 

最後に

以上、営業マンの方向けに在宅勤務期間中にすべきこと5選をご紹介させて頂きました。最後に改めてお伝えしますが、在宅勤務期間中は普段と違い外回りが出来ない分、自由に使える時間が増えます。したがって、この自由な時間を有効に使うことで、営業マンとしてのレベルアップを図りましょう。また、以前に在宅勤務中に起こりうる問題点と解決方法に関しての記事を書いておりますので、気になる方は下記リンク先URLからご覧下さい。

www.life-benefit.com